03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

画材 ~アナログ編~ 

こんにちは。 |д゚) 。o(今日もこっそり更新…)

今日は画材の話をしたいと思います。
画材 = 絵を描くための道具ですね。

で、今回はアナログ編です。ええ、アナログです。
つまり紙に絵を描くため道具を紹介します。

ん?今はCGの時代だから紙なんて必要なんじゃないかって?
いやいや、はっは。

やはり基本は紙とペン。
PCのみでの作業は簡単なようで実はすごく慣れが必要なのです。
修正などは手軽にできるのですが、イメージ通りに線が引けなかったりするんですよ。

いや…まぁ、単に僕の練習不足?みたいな?…こともあるっつーかぁ…ですよ。(;^ω^)

とりあえず現役バリバリのアナログ画材。
特にこだわりはないのですけど、使ってるうちに 「このペンじゃなきゃ描けないっ!!」
って感じの愛着が湧いてしまうものなのです。

まずはシャーペン
画材002
(上)0.3のシャーペン、500円くらい
(下)0.3のシャーペン、500円くらい

基本的に絵を描くときは0.3のシャーペンを使います。
なぜなら、0.5だと太すぎて細かい絵が描けないからです。
さらになぜ二本かというと重さがちがうのです。
(上)は重く、主線を引くときに使います。
(下)は軽く、ラフなどを描くのに使います。

なんかプロっぽい解説ですねぇ(´∀`*)ウフフ

お次はペンです。
画材003
(上)万年筆タイプのペン
(下)ペン軸と各種ペン先

これはシャーペンで描いた絵を清書するのに使用します。
(上)のはカートリッジタイプのインクを付け替えればずっと使っていられるペンです。
わりかし太目の線が引けます。けっこう便利ですね。
(下)は木製のペン軸で先端にアタッチメントがついています。
このアタッチメントに「丸ペン」「Gペン」「スクールペン」と呼ばれるペン先を
装着して線を引くタイプのペンです。

インクはついていないので
画材004
ペン先にこのインクをつけて描きます。

まぁ、かったるいったらありゃしません。( ´ー`)フゥー...

しかしっ!!

このペン、インクというのは漫画家を志したものなら必ずとおる道!!
これを使いこなせなければ漫画家なんかになれっこないさっ!!

とまぁ、自分のことを棚に上げて語って見ました。(;´∀`)

あと、おまけのこれ
画材005
ミスノンという修正液なのですが…

実はこれ、超レアものなのです!!

ライオンという会社の製品なのですが、なんとカタログにすら載っていない
幻の修正液なのです。
普通のミスノンならどこにでも売っているのですが、このミスノン、フタが二つ…
片方のフタには細いブラシと、もう片方は極細のブラシがついている優れもの

どうだぁうらやましいだろうヽ(・∀・ )ノ

ちょっと調子に乗りすぎかな、僕 (;^ω^)
さて、今日はここまでです。

次回は何を書こうかなぁ…

スポンサーサイト

category: ざつだん

Posted on 2008/04/24 Thu. 00:01  edit  |  tb: 0   cm: 0  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。